読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GrandFinale

日常と備忘録(ブログ移行途中)

わたしを離さないで

f:id:GrandFinale:20161013142639j:plain

わたしを離さないで31日のソワレです。

 

りょん出てるし多部ちゃん出てるしどーしようかなーと思っていたら、同僚が多部ちゃん好きっていうので一緒に観に行きました。

 

内容は結構重かったですね。
前知識ゼロで行きました。

 

へールシャムという学校が舞台。
そこにいる生徒たちは“特別”な存在。

 

何が特別かというと、彼らは臓器提供のために産まれてきたクローン人間でした。

 

怖いなと思ったのが、そのために産まれ育てられた。
思想教育ですよね。
自分たちの役目に対して、当たり前のように受け入れているというのが酷く怖いな…と。

 

そこから話は発展して、友情や恋を知り、
自分たちの未来を変えれないかともがくわけですが・・・

 

驚くほどあっさりとバッドエンドでしたね(笑)

 

 

でもそれがより現実的で、運命は変えられないというか、クローンという運命の残酷さが未来に起こってもおかしくないものだなと思わされました。

 

人と同じように感情をもって生きているというのに。
悲しいお話ですね。

 


お目当てだったりょんと多部ちゃんはとても良かったです!
多部ちゃんはさすがというか、演技上手いですね。
メイン3人のやりとりにはとてもやきもきさせられました(笑)

 

あと、セットが結構しっかりしてましたね!
お金がかかっている感がしました(笑)
さすがでした。


梅田芸術劇場シアタードラマシティ